目次

1・残業を減らす意外な方法

2・サービス残業な日々を振り返って

3・会社都合退職と自己都合退職

4・会社を辞めて102万5110円得した法

5・残業を減らす他の方法は?

6・やらないとどうなる?

7・うぃ郎からあなたへのメッセージ



残業を減らす他の方法は?

残業を減らす他の方法について紹介します。


これは、私が実践して効果があった方法ですが、

・1週間の総労働時間(朝家を出てから夜家に帰ってくるまで)を把握する
・給与明細を用意する
・労働時間あたりの収入(時給ですね)を算出

というように、現状を把握します。


まず検討することは、寄り道や交通手段の変更で総労働時間が減らせないかの検討です。
私の場合は、片道50分だったところから片道10分の場所に引っ越ししました。

これで、往復で1日約1時間の時間を手に入れたことになります。


次に、仕事の時間を減らしていきます。
毎日残業している場合は、週1回のノー残業デーを作る。
例えば水曜日とかですね。早く帰る日を作るわけです。

早く帰ってからすることを作ってしまう。
例えば趣味を始めたり、副業をはじめたり。
やることを作らないと「帰ってもすることがないから」と
ダラダラと職場に残ってしまいがちだからです

慣れてきたら、ノー残業デーを週2回にまで増やします。
例えば水曜と金曜とかですね。


そして最後に、ノー残業デーでない日の残業時間を
半分に減らします。


この方法で、週25〜30時間(5〜6時間×5日)程あった残業時間を、
週5〜10時間程度(1〜2時間×5日)にまで落とすことが出来ました。




全く残業をしない、というのは同僚や上司の目などもあり、
一時には狙えないでしょうが、まずは週10時間程度を目安に
減らしていくことから始めてはどうでしょうか?


これがまかり通らない場合は、やはり転職して会社を替わることを
検討すべきだと思いますね。

お得に会社を辞めるには


続きを読む:やらないとどうなる?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。